突然変異分子機構研究室

 
 

立花研究室では主として、放射線適応応答と、放射線誘発突然変異生成について研究しています。

生物の周囲には多様な環境要因があり、生体に対して様々な影響を及ぼします。生物はそれらの環境要因に対して、非常に複雑な応答反応を行ないます。当研究室では、環境要因として、特に放射線に焦点を当てた研究を行なっています。放射線は、定量性に優れているため、科学的解析に適しています。

放射線の生物に対する影響に関する研究は、これまで主に高い放射線量を用いて行われてきており、その結果を低線量域に外挿することによって、低線量放射線の生物影響が議論されてきました。しかし、近年の研究から、生物は低線量放射線に特異的な反応を示す場合があることが明らかになってきました。生物をとりまく環境中には微量の放射線が含まれていますが、その生物影響を明らかにするには、低線量放射線を用いた研究を行なう必要があります。

放射線は遺伝子に突然変異を起こすことができますが、低線量放射線でどのような突然変異がどの程度の頻度で生じるのかについても詳しい解析はされていません。

また、低線量の放射線によって、生物に放射線適応応答という反応が誘発され、突然変異の頻度が減少します。

当研究室では以上のことを念頭におき、遺伝子突然変異生成の分子機構の解明を中心に、低線量放射線の生物影響を研究しています。

立花研究室ホームページへようこそ

Copyright (c) 2007-2011 Lab. Mol. Radiat. Mutagenesis, Ibaraki Univ. All rights reserved

茨城大学 理学部 生物科学コース

 

福島原子力発電所の事故に伴う放射線の人体影響に関する質問窓口 (Q&A)開設について

日本放射線影響学会では、福島原発からの放射線及び放射性物質の放出による健康影響について、以下のサイトで解説しています。

正しい知識を基に正しい行動をして下さい。

日本放射線影響学会

URL: http://wwwsoc.nii.ac.jp/jrr/index-j.html

Q&Aサイト

URL: http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/rb-rri/gimon.html